OSXでext2/ext3に書きこむ

嫌々使っているリンゴ機で、linuxのストレージを読み書きしたくなった。こういう時に定番なのは、Paragon ExtFS for Mac OS X 8という商用製品か、フリーのMACFuseと決まっている(らしい)。

ということで、MacFUSE+FUSE-ext2をインストールしてみたが、イマイチ認識しない。確かにマウントされているのだが、ディレクトリがうまくとれない。アンマウントもうまくいかない。もう少し調べたら、最近はFUSE for OSXというのがあるらしい。

FUSE for OSXをインストールする際には、FUSEとの互換を取るというオプションをONにすることが重要らしい。

これでext3のUSBメディアが読めるようになったが、書き込みができない。で、またまた調べたら、How to mount ext2/ext3 … with Read/Write accessという記事を見つけた。こちらはうまくいかなかったMacFUSEを紹介しているが。

/System/Library/Filesystems/fuse-ext2.fs/fuse-ext2.util という設定ファイルの207行あたりに OPTIONS=”auto_xattr,defer_permissions” という行がある。コレを次のように書き換える。

OPTIONS="auto_xattr,defer_permissions,rw+"

これだけだ。書き込みにはroot権限が必要だが、これで万々歳。

投稿者:

azira

何でもやったけれど、みんな中途半端なプログラマくずれの一匹うさぎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>