フェムトセル

オフィスが引っ越した。同じビルだが、階が変わって、今度は30階だ。天国にまた何歩か近づいた。

これによって、見晴らしが良いというメリットが生まれた反面、携帯電話の電波が弱くなるというデメリットが生じた。ことにお父さんのところがひどい。

仕方が無いのでフェムトセルを申し込んだ。極小電力の携帯基地局で、受信した電波をインターネット経由で転送するというシステムだ。無料だし。

申し込むと日をおかずにバンクの調査員がやってきた。まずは電波状況を確認するそうだ。結果は「窓際は特に弱いですね」であった。

それから待つこと2週間。機器が送られてきた。なぜかユニット2つ組だ。

ケーブルを差し込むだけだとタカをくくっていたら、とんでもない。NTTに「フレッツナンバー通知」設定を申請しなければいけなかった。これはインターネット経由で申し込めるのだが、申し込んでから1時間ほどたたないと、設定が有効にならない。

それでもようやく開通した。バリバリだ。

投稿者:

azira

何でもやったけれど、みんな中途半端なプログラマくずれの一匹うさぎ。

“フェムトセル” への2件のフィードバック

  1. 自分の知り合いが、調査員をしています。
    静岡を回っていますが、別荘地域がやっぱり悪いのです。

  2. うちもフェムトセルになります。
    だって、家の中、悪いんですもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>