快獣使いの帰還

IMG_1970年末の25日に帰省した快獣使いがようやく帰ってきた。さまざまなエピソードとともに。

そもそもヤツの帰還予定は、1月24日であった。ところが実家から出るのが遅れ、結局乗りそこねてしまった。LCCなものだから、別便への振替などの便宜はまったく払ってもらえず、みすみす復路のチケットをドブに捨てることになった。二度とLCCは使わない!という決意を固めた。

新しくチケットを買うことになったが、あいにく旧正月前であり、価格が高騰している。本来ナマケモノなヤツは、お正月も実家でごろごろすることにし、新しい帰国日は2月9日ということになった。

さて、その前日だが、御存知の通り関東地方は45年ぶりのドカ雪で機能が麻痺してしまった。翌日(つまり帰還の当日)は良い天気になったが、降り積もった雪で道路がひどいことになっている。シティエアターミナルまで迎えに行くと約束していたが、我が家のある山のてっぺんから下まで降りるのも登るのも自信がない。タイヤチェーンを購入しなければならない。

バスでもよりのオートバックスまででかけ、チェーンを購入した。チェーンなど、大昔、教習所で習ったきりだが、説明書通りにやると、意外と簡単に装着することができた。試運転がてらガスを給油し、ヤツの到着を待った。

例のFlightRaderでトラッキングしていると、成田空港が混雑しているらしく九十九里の沖合で何回も旋回し、30分ほどしてようやく着陸したのを確認した。荷物が出てきて通関が終わるまで1時間くらいかかるだろう、バスで横浜まで90分ほど。頃合いを見計らって迎えに行くつもりだった。

ところが成田は前日から陸の孤島状態になっていた。高速道路は閉鎖されているためにバスは動かず、上野に向かう京成ライナーはなんとか動いているようであるが、成田エクスプレスはやっとの思いで乗り込んでもぴくりともしない。時間だけが進んでいく。

5時間ほど経過した23時過ぎになって、ようやく千葉についたという。千葉から横浜までは通常1時間位だ。こちらは0時半に横浜に到着した。すっかり出払っているタクシーを待つ人の行列ができている。深夜の横浜はタクシーの絶対数が足りない。

待つこと1時間。ようやく東京についたという。久里浜行きの総武線に乗ることができたという連絡があった。

ふと見ると横浜駅のシャッターが降りている!? 久里浜行きって、始発なのか!

やむを得ない、東京駅まで迎えに行くことになった。チェーンを履いたままでは速度が出せない。走行帯の雪はなくなっている。ということで、せっかくのチェーンを外すことになった。

ピックアップして帰宅したのは5時だった。7時には起きて快獣たちの食事を用意しなくてはならない。もちろんお仕事にも行かなくてはならない…。

眠い。

投稿者:

azira

何でもやったけれど、みんな中途半端なプログラマくずれの一匹うさぎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>