蛤志るこ

IMG_00001先日亡くなったばあちゃんのお葬式に、会社から豪勢な花束を贈ってもらったので、その香典返しを持っていった。見繕ったのは桑名に住んでいる妹だったので、地元の銘菓ということになった。

それがこの蛤志るこ

その手は桑名の焼き蛤に似せた皮の中に、粉末状のあんことあられが入っている。これをお椀に入れて、お湯を注げば、あ〜ら不思議。あっという間に熱々のお汁粉のできあがりとござい。

中身も確認せずに、パブリックな机の上に無造作に置いておいた。しばらくすると背後でむせる声がした。そう、懐中しることは知らずに最中のつもりでかぶりついた被害者が続出したのだ。

慌てて注意書きのメモを入れておいた。オフィスには外人さんもいるので、英語でも書いておいたのは言うまでもない。

IMG_00002 包み紙を剥がして
IMG_00003 殻を割って(割らなくても可)
IMG_00004 お湯を注げばできあがり

上手にできました!

投稿者:

azira

何でもやったけれど、みんな中途半端なプログラマくずれの一匹うさぎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>