Apache2.2からOptionsディレクティブの仕様が変わっていたゾ

feather例によって何も考えずに apt-get してしまった。apache2 のアップグレードが動き出して、設定ファイルはどうするか?と問われたので、古いものを残すことを指示した。これで世は事もなしのはずだった。

webサーバが動いてないぢゃん。

apache2 のサービスが停止している。手動で動かそうとすると、userdir.conf と 000-default.conf が Syntax error だという。さては書き変えられたか!と確認したが、きちんと前のままだ。文句を言われている行をコメントアウトすると動き始める。

そこでapache.orgのドキュメントを調べてみた。

警告

Options で指定する際に、 + や – のついたものと、ついていないものを 混ぜて指定する記述は誤った構文で、予期しない結果になるかもしれません。

Options +ExecCGI -MultiViews FollowSymLinks

と書いてはいけないらしい。

正しくは次のようにすべてに ‘+’ または ‘-‘ を付けなければならない。

Options +ExecCGI -MultiViews +FollowSymLinks

これはapache2.2で変更になっていた。2.0では規定されていない。まいっちんぐ。

そろそろサーバを入れなおししようかと思っているので、気楽なものである。

投稿者:

azira

何でもやったけれど、みんな中途半端なプログラマくずれの一匹うさぎ。

“Apache2.2からOptionsディレクティブの仕様が変わっていたゾ” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>