メモ:table color

前回の表の色が気に入ったので、今後のためのメモ。

くそタワケなIEは16進3桁のカラーコードに対応していないことがわかったので、6桁化。面倒くさい。

 #5555AA 
 #AAAAAA   #AAAAEE   #AAEEAA   #EEAAAA 
 #CCCCCC   #EEEEFF   #EEFFEE   #FFEEEE 
<table bgcolor="#5555SA">
<tbody>
<colgroup align="center"> <col align=center bgcolor="#CCCCCC"> <col align=center bgcolor="#EEEEFF"> <col align=center bgcolor="#EEFFEE"> <col align=center bgcolor="#FFEEEE"> </colgroup> <tr>
<th bgcolor="#AAAAAA"></th>
<th bgcolor="#AAAAEE"></th>
<th bgcolor="#AAEEAA"></th>
<th bgcolor="#EEAAAA"></th>
</tr>
<tr>
<td bgcolor="#CCCCCC"></td>
<td bgcolor="#EEEEFF"></td>
<td bgcolor="#EEFFEE"></td>
<td bgcolor="#FFEEEE"></td>
</tr>
</tbody>
</table>

ロゴ

ロゴにアクロポリスの絵がないとどうも寂しいので、試行錯誤した。テーマと呼ばれているテンプレートの、該当の箇所を直接いじればいいのは分かっているのだが、あまり美しくない。そこで css とにらめっこすることにした。
今使っている amazing-grace というテーマでは、ロゴの右端にランダムで写真が表示されている。これを参考にすることにした。写真は style.css で #portrait-bg として定義されている。

#portrait-bg
{
  position:absolute;
  width:319px;
  height:219px;
  right:0;
  top:0;
}

これを真似て #az_logo というスタイルを定義した。
つぎにタイトルの本体が記述されている header.php をさがすと、

<div id="header">
  <span class="btitle">
    <a href="<?php echo get_option('home'); ?>/">
    <?php bloginfo('name'); ?></a></span>
        :

なる箇所がある。<span class=”btitle”> の前に <div id=”az_logo”></div> を埋め込む。そのままではタイトルとロゴが重なってしまうので、ふたたび style.css にもどり btitle の margin を調整しておしまい。
ほぼ望みどおりの形になった。

chCounter Widget

とりあえずアクセスカウンタが欲しいなと思って、プラグインを探した。いろいろたくさんあるが適当に chCounter Widget というやつを選んでみた。
WordPress のダッシュボードからプラグインのダウンロードとインストールを行ったが、一向にカウンタが現れない。開発元の web を読むと、プログラムの本体は別個にダウンロードしなくてはいけないらしい。聞いてないよ。
zip のパッケージをダウンロードし、web の中で展開した。指示に従い install.php をブラウザで起動すると、なるほどセットアップページが開いた。単に言語を選択するだけのようだ。
「next」を選択するといきなりエラーが表示される。config.inc.php でデータベースにアクセスできない。
そこで config.inc.php を開いてみた。

'server' => 'localhost',
'user' => '',
'password' => '',
'database' => '',
'tables_prefix' => 'chc_'

なるほど、ここに WordPress のデータベースアクセスのユーザ名やパスワードを記述するのか。
ということでカウンタの設置に成功したが、苦労した割にしょぼいカウンタだった。

Hello world!

うさぎ御殿のシステムを WordPress に変更してみた。非常に重たいそうだが、稼働率が限りなくゼロに近い我がホームサーバでは何ということもあるまい。
設定にかなり苦労したが、動き始めてしまえばなぁに、こっちのものだ。
ということでこれまで10年間お世話になってきた tdiary による旧雑記帳とおさらばする日が近いかもしれない。