サポートセンター エレジー

専任ではないのだが、ときどきユーザサポートのお手伝いをしている。

しばらく前から担当しているユーザ二人があまりにも両極端なので困ってしまった。

ひとりは状況を事細かに、不必要な情報までもやたらとスクリーンショットを撮って、なんちゃってWORDに貼り付けて送ってくる。あまりにも情報が多すぎて、見るのに疲れてしまうし、細かく書いてくれるものだからこちらも懇切丁寧に対応しなくてはという気にさせられてしまう。おかげでまるでマニュアルのような返信を書いてしまうものだから、とても疲れる。大騒ぎした挙句、機器に対してルータのグローバルIPを設定していたというオチだったのだが。よもやそんなことをしているとは思いもよらなかった。どうやらISPに問い合せて、自身のグローバルIPを聞いたものだからそれを設定してしまったようだ。多分。

もうひとりは、いわゆる「動きません、どうしたら良いですか?」タイプ。情報がまったくない。これでどないせいというんや!? 推理に推理をかさねて、もちろん「ご質問の趣旨は〜ではないかと推測しますが」とチクリと嫌味をこめて回答すること数度。推測は大体合っているようで、解決しているみたいだが、次々と別の質問を投げてくるのでたまらない。とうとう「ご質問の内容が分かりかねます〜◯◯ですか? ××ですか? それとも△△ですか?」とキレてしまった。

頼むからもっと情報がほしい。最初の人みたいに多すぎると、それはそれで困るが。

サーバが飛んだゾ

またまた会社のサーバのお話し。前回はメールの受信サーバだったが、今回は送信用のサーバだ。うちでは訳あって送信と受信が別のサーバになっている。

前回のエラーの際に、送信できないことがあるという訴えもあったので、送信用のサーバの動作を疑っていた。果たしてHDDにエラーがあると出ていたので、軽い気持ちで fsck を走らせてしまった。これはlinux用のディスクチェックおよび修復プログラムだ。

結果は押して知るべし。起動しなくなってしまった。どうしよう。

メールが送れないゾ

会社のメールサーバの調子が悪い。受信することはするのだが、添付ファイルが付いていると受け取れなかったり、相手に送り返してしまったり、無視を決め込んだり、忘れた頃に届いたりとわけがわからない。サーバサイドのAnti Virusを仕込んだことがあったので、添付が受け取れないのは感染を疑ってのことではないかと思い、一切チェックしないようにしてみたのだが、あまり効果はないようだった。

エラーログを見てもそれらしきことは書いていない。

ひょんなことから気づいたのは、/var の残量がほとんど無いこと。5年以上も前にレンタルしたマシンであり60GB程度しかHDDがない。当時は十二分だったし、今でもウェブサーバとしての領域は残っている。/var には8GB程度割り当てられていたが、それがすべて使われてしまっている。なるほどこれならば現象がすべて説明がつく。添付が受け取れないのは残量不足、忘れた頃にというのは、誰かがpopして領域を空けたらそこに割り込んでくるわけだ。

それにしても犯人は一体誰だろう。誰かがpopでダウンロードせずにサーバに残している人がいるはずだ。こいつだこいつ、6GBもメールボックスに溜め込んでいる奴がいる。って俺かい!?

犯人はwebmasterだった。ウェブサーバからのエラーログが数年分、しこたま溜まっていた。月に1回ログを送ってくるのだが、管理していないものだから…。

30日以上経った古いwebmaster宛てのメールを捨てるように仕込んでおいた。これで当分大丈夫だろう。

くそタワケなIE

お仕事でとあるアプリのHELPファイルを作らなければならなくなった。

昔はWindows用のHELPファイル作りはとてつもなく大変だった。リッチテキストファイルを作成し、リンクを手作業で張っていかねばならない。実際にコンパイルしてHELPを作ってみないことには、そのリンクが正しいのかどうかもわからない。

それが今ではMS御謹製のHTML HELP Workshopのおかげで、HTMLで作成し、CHMファイルにコンパイルできるようになった。プレビューにはそのままwebブラウザが使える。しこしこと手でHTMLコードを書いてもいいし、お気に入りのHTMLエディタを使っても良い。

さて、そんなことで作ったHELPだが、表がまっくろクロスケになっていることに気がついた。愛用しているChromeでも、その半分くらいの割合で使っているFireFoxでも、キレイに見えているのに。これはひょっとするとHTML Helpのレンダリングエンジンが、tableをきちんとサポートしていないのではなかろうか。

よく考えてみたらHTML HelpのエンジンというのはIEコンポーネントだ。ひょっとしてIEで見ると? ああ、やっぱり! IEで元のHTMLコードを見ても、表がまっくろクロスケだ。

そういえば先日から「見えない!見えない!」とわめいている人がいたが、何が「見えない」のかさっぱりわからなかった。ことによるとこのことを言っているのではなかろうか。果たしてIEでうちを見ると、表がまっくろだ。このことですよね > committeeさん?

IEは16進3桁によるカラー指定に対応していない。

この1行は、IEでは単なる黄色いバックグラウンドに黒文字に見えるはずだが、本当は黄色に赤文字だ。3桁指定の色コードはすべて黒になってしまうのだ。

だから、
をしても、
をしても、IEでは何も違いがわからない。

ダメぢゃん。

2012/01/15 追記
<font color=”#F00″> ではなく、
<span style=”color:#F00;”> という具合にstyleで指定してやると色が変わるみたい。
あれ? どうして”が全角に変換されるんだ? >IE

2012/01/16 追記
IEだけじゃなかった。Wordpressが勝手にやってるのかな。

ネコちゃん

お手伝いしている某社は、お笑い芸人の猫ひろしと組んでGPS Watchを作っている。週明けの月曜日にリリース開始だ。
今日はその打ち合わせ兼、打ち上げということで、ボスと営業が近くの焼肉店でお食事、こちらは残業という悲哀をあじわっていた。
ひと段落したので、オフィスにカギをかけて外に出ていくと、見憶えのある人たちが。焼肉店から帰ってきたボスたちだ。カゲで気づかなかったが、猫ちゃんもいる。
帰り道だから、猫ちゃんを駅まで案内することになった。
その猫ちゃん、本当に小さい。うちのミニラぢゃないもんと同じくらいしかない。すごい。
今度はカンボジアのハーフマラソンに行くんだそうな。頑張ってね。