Apache2.2からOptionsディレクティブの仕様が変わっていたゾ

feather例によって何も考えずに apt-get してしまった。apache2 のアップグレードが動き出して、設定ファイルはどうするか?と問われたので、古いものを残すことを指示した。これで世は事もなしのはずだった。

webサーバが動いてないぢゃん。

apache2 のサービスが停止している。手動で動かそうとすると、userdir.conf と 000-default.conf が Syntax error だという。さては書き変えられたか!と確認したが、きちんと前のままだ。文句を言われている行をコメントアウトすると動き始める。

そこでapache.orgのドキュメントを調べてみた。

警告

Options で指定する際に、 + や – のついたものと、ついていないものを 混ぜて指定する記述は誤った構文で、予期しない結果になるかもしれません。

Options +ExecCGI -MultiViews FollowSymLinks

と書いてはいけないらしい。

正しくは次のようにすべてに ‘+’ または ‘-‘ を付けなければならない。

Options +ExecCGI -MultiViews +FollowSymLinks

これはapache2.2で変更になっていた。2.0では規定されていない。まいっちんぐ。

そろそろサーバを入れなおししようかと思っているので、気楽なものである。

sudoができなくなったゾ

ubuntu-logo112ちょいと調べ事があって、会社から自宅鯖にリモートログインした。

その後、しばらくapt-getでアップデートしていないことを思い出し、軽い気持ちで sudo apt-get update を行った。大量の更新がぞろぞろ流れていった。

途中でどれそれをアップデートするけど、本気か?という質問が出たが、気にせずに「Y」してしまった。

sudo (1.8.9p5-1ubuntu1) を設定しています ...
設定ファイル /etc/sudoers.d/README を新規にインストールしています ...
設定ファイル /etc/init.d/sudo を新規にインストールしています ...

Configuration file '/etc/sudoers'
 ==> Modified (by you or by a script) since installation.
 ==> パッケージ配布元が更新版を提供しています。
   どうしますか? 以下の選択肢があります:
    Y か I  : パッケージメンテナのバージョンをインストールする
    N か O  : 現在インストールされている自分のバージョンを残す
      D     : 両バージョンの差異を表示する
      Z     : 状況を調査するためにシェルを開始する
 デフォルトでは現在使っている自分のバージョンを残します。
*** sudoers (Y/I/N/O/D/Z) [デフォルト=N] ? y
設定ファイル /etc/sudoers を新規にインストールしています ...

そう、管理者権限を許可されるユーザを設定している sudoers 関連が初期化してしまったのだ。

*****@********:~$ sudo cat /etc/sudoeres
[sudo] password for *****: 
***** は sudoers ファイル内にありません。この事象は記録・報告されます。

どうしよう。

ぐぐる先生にたずねて、gpasswd でユーザを sudo グループに参加させ直せば良いことがわかった。

gpasswd -a ***** sudo

でも、そのためには管理者権限を得なくてはいけない…。

ubuntuはデフォルトでは su でのログインを許していないが、ずっと昔にGUIツールを使う必要があって su できるようにしておいたことを思いだした。あいぽんに入れてある古いメモを引っ張りだして su になり、なんとか修正完了。無事 sudo できるようになった。

めでたしめでたし

アップデートできないぞ

noroomしばらくぶりにお家のサーバにログインしてみると、アップデートがあるゾというお知らせが出ていたので、何も考えずにアップデートを行った。

おや? エラーが出ている。

dpkg: initramfs-tools の処理中にエラーが発生しました (--configure):
 サブプロセス インストール済みの post-installation スクリプト はエラー終了ステータス 1 を返しました
以下のパッケージの処理中にエラーが発生しました:
 initramfs-tools
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)

initramfs-toolsのエラーということで、ぐぐる先生に教えを請うと、/bootがあふれてapt-get upgradeが失敗したでござる という記事がヒットした。これだ。

まさにこの記事の通りだった。こんなにもたくさん古いイメージを抱え込んでいた。

$ aptitude search linux-image | grep ^i
i   linux-image-2.6.32-42-generic   - Linux kernel image for version 2.6.32 on x
i   linux-image-3.2.0-29-generic    - Linux kernel image for version 3.2.0 on 32
i   linux-image-3.2.0-31-generic    - Linux kernel image for version 3.2.0 on 32
i   linux-image-3.2.0-37-generic    - Linux kernel image for version 3.2.0 on 32
i   linux-image-3.2.0-40-generic    - Linux kernel image for version 3.2.0 on 32
i   linux-image-3.2.0-45-generic    - Linux kernel image for version 3.2.0 on 32
i   linux-image-3.2.0-48-generic    - Linux kernel image for version 3.2.0 on 32
i   linux-image-3.2.0-52-generic    - Linux kernel image for version 3.2.0 on 32
i   linux-image-3.2.0-57-generic    - Linux kernel image for version 3.2.0 on 32
i   linux-image-3.2.0-58-generic    - Linux kernel image for version 3.2.0 on 32
i   linux-image-generic             - Generic Linux kernel image                

sudo apt-get purge linux-image-3.2.0-29-generic という具合に指定して、どんどん消していこう。正規表現が使えるからビルド番号を複数指定できる。

ひとつひとつのイメージは わずか 100MB くらいなのだが、塵も積もればなんとやら。/boot にあまり割り当てていなかったものだからすぐになくなってしまう。

そういえば初めて手にしたハードディスクは 大容量 40MB だったっけ。

腐ったもずくにハマる

Screenshot_from_2013-02-02 13:02:48Google IME、別名 mozc をさまざまな環境で愛用している。特に思い入れがあるわけではないのだが、OSを問わずに利用できること、ローマ字テーブルを編集できることがその理由だ。特に後者は重要で、la、li、lu、le、loが正しく ら、り、る、れ、ろ にできないIMEは存在意義がないと断言して良い。

そのmozcだが、しばらく前から起動しようとすると次のように「変換エンジンプログラムの起動に失敗しました」というエラーが出るようになってしまった。

Screenshot_from_2013-02-02 11:53:44

Googleったが、解決策が見つからなかった。

設定情報はユーザの .mozc というディレクトリに保存されるらしい。そこで ~/.mozc/.session.ipc を削除またはリネームして再起動するという方法を試してみたが、状況は変わらなかった。

現在の ubuntu は、mozc のパッケージが提供されている。インストールは簡単なので、ubuntuソフトウェアセンターから、mozc関連のパッケージをアンインストール〜インストールしてみた。

scim-mozc
ibus-mozc
mozc-utils-gui
mozc-server

インストール前に古い .mozc ディレクトリを削除しておいたことは言うまでもない。

その結果、このように無事使用できるようになった。もちろん、さっそくローマ字テーブルの訂正を行った。

Bugzillaでもハマる

某台湾人クンがbug管理にBugzillaを使いたいと言い出した。ずっと以前はMicrosoftのそんなのを使っていたらしいが、いつの間にか誰もメンテしなくなっていた。

暇だったので、というよりもこれまで数週間、新人君(歳くってるけど)のお世話のために自分のことができなかった反動で、無性になにかをしたくなったので、サーバにインストールしてあげることにした。

Bugzillaをインストールするのに必要なものは、MySQLとPerl、Apacheだ。問題ない。tar ballをダウンロードして必要なディレクトリに展開して、まずは環境設定のためのチェックスクリプト checksetup.pl を走らせる。出るは出るは、あのモジュールがない、このモジュールがないと山のように警告が出る。install-module.plでモジュールを入れていくのだが、指定するモジュール名がよく分からない。

The following Perl modules are optional:
Checking for                   GD (v1.20)     ok: found v2.46 
Checking for                Chart (v2.1)      ok: found v2.4.5 
Checking for          Template-GD (any)       ok: found v1.56 
Checking for           GDTextUtil (any)       not found 
Checking for              GDGraph (any)       not found 

この場合、GDTextUtilとGDGraphが不足しているのでインストールしなければならないのだが、

./install-module.pl GD::Text

という具合に指定する。Chartの時はChart::Baseだった。規則性がない。

困っている人が多くいるようで、このようなページを見つけた。モジュール名が列挙されている。ありがとうRamesh。インド人かな?

なお、このリストになかったものは以下のようになっていた。


JSON-RPC        JSON::RPC
JSON-XS         JSON::XS
Test-Taint      Test::Taint
Encode-Detect   Encode::Detect

って、おい、install-module.pl –all で勝手にインストールしてくれたの!?

dokuwikiでハマる

数あるwikiの中で、かなりお手軽に導入できるのがDokuWikiだと思われる。インストールも簡単で、tarballを展開し、しかるべきところに配置し、install.phpを走らせるだけでいい。お気楽極楽。

そんなDokuWikiを愛用していた…正確にはサーバの肥やしにしていたわけだが、久しぶりにアクセスしてみると、updateがあるから適用しろとのメッセージが出ていた。よろしい、仰せにしたがおう。

updateを入手してtarballを展開、古いものをarchiveして、そこへ上書きコピー。

げ! エラーだ。

The mediaolddir ('media_attic') does not exist, isn't accessible or writable. You should check your config and permission settings. Or maybe you want to run the installer?"

Gogleってみると、やはりコレで悩んでいる人が多いようで、いくつかヒットする。

dataの下にmedia_atticとmedia_metaというディレクトリが新設されているので作れ、パーミッションを正しくしろということだが、そのようなディレクトリはすでにできている。

あきらめて再インストールすることにした。単に古いディレクトリをリネームして、元の位置に新たにコピーするだけだ。当然、今までのデータが消えてしまった。

そこで気がついた。データはセキュリティのために、ドキュメントルートの外に作っていたことを。なんのことはない、そちらのdataディレクトリにこの2つのディレクトリを作るだけだったのだ。

ということで結論、実際にデータがあるディレクトリに、media_atticとmedia_metaを作り、パーミッションを設定すること。

OSXでext2/ext3に書きこむ

嫌々使っているリンゴ機で、linuxのストレージを読み書きしたくなった。こういう時に定番なのは、Paragon ExtFS for Mac OS X 8という商用製品か、フリーのMACFuseと決まっている(らしい)。

ということで、MacFUSE+FUSE-ext2をインストールしてみたが、イマイチ認識しない。確かにマウントされているのだが、ディレクトリがうまくとれない。アンマウントもうまくいかない。もう少し調べたら、最近はFUSE for OSXというのがあるらしい。

FUSE for OSXをインストールする際には、FUSEとの互換を取るというオプションをONにすることが重要らしい。

これでext3のUSBメディアが読めるようになったが、書き込みができない。で、またまた調べたら、How to mount ext2/ext3 … with Read/Write accessという記事を見つけた。こちらはうまくいかなかったMacFUSEを紹介しているが。

/System/Library/Filesystems/fuse-ext2.fs/fuse-ext2.util という設定ファイルの207行あたりに OPTIONS=”auto_xattr,defer_permissions” という行がある。コレを次のように書き換える。

OPTIONS="auto_xattr,defer_permissions,rw+"

これだけだ。書き込みにはroot権限が必要だが、これで万々歳。

awk

手段のために目的を忘れたと揶揄された件の続きみたいな話だが、またしても同じような作業が必要になった。やはり xml ファイルを切りだして、excel (calc) に変換するという作業だ。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
  <MonitorLog>
    <Categories>
      <Category name=".NET CLR Data" help=".Net CLR データです。">
        <Objects>
          <Object name="SqlClient: Current # pooled and nonpooled connections" help="接続 (プールされているかどうかは不問) の現在の数です。"/>
          <Object name="SqlClient: Current # pooled connections" help="プロセスに関連付けられているすべてのプールに現在含まれる接続の現在の数です。"/>
            <Object name="SqlClient: Current # connection pools" help="プロセスに関連付けられているプールの現在の数です。"/>
            <Object name="SqlClient: Peak # pooled connections" help="全プールをとおし、プロセスの開始以降の接続の数です。"/>
            <Object name="SqlClient: Total # failed connects" help="接続を試みようとしたものの、何らかの理由で失敗した接続の合計数です。"/>
            <Object name="SqlClient: Total # failed commands" help="実行を試みたものの、何らかの理由で失敗したコマンドの合計数です。"/>
          </Objects>
        <Instances/>
      </Category>
      <Category name=".NET CLR Exceptions" help="CLR 例外処理のランタイム統計です。">
        <Objects>

途中で目的を忘れてしまった前回と同じやり方だと、grep で Category と Object の含まれる行だけを抜き出し、sed で 不要な部分を置換して、テキストエディタで若干の整形処理を行ってから calc に読み込む…ということをしたのだが、途中で気づいた awk 一発ぢゃん!をやってみることにした。

awk -F ” {print $2 “t” $4;} filename.xml > filename.csv

不要な行の削除処理はしていないが、ホントに一発だった。なんてこった。

りんごなターミナル

与えられたから仕方なしに使っているりんご本。いざとなれば BSD なわけで、ターミナルをよく使っている。これで不満なのがディレクトリが色分けされないこと。しかしターミナルの色くらい変えれるはずということで調べてみた。

まずターミナルの色は .bash_profile で変えることができる。

export CLICOLOR=1
export LSCOLORS=DxGxcxdxCxegedabagaced

このとおりにやるとディレクトリが黄色、ダイナミックリンクがシアン、ソケットがグリーン…となり、あまり美しくない。というより、ubuntu のデフォルトと違うので違和感を感じる。こっちのデフォルトを dircolors コマンドで確認すると、

LS_COLORS=’rs=0:di=01;34:ln=01;36:hl=44;37:pi=40;33:
so=01;35:do=01;35:bd=40;33;01:cd=40;33;01:or=40;31;01:su=37;41:
sg=30;43:ca=30;41:tw=30;42:ow=34;42:st=37;44:ex=01;32:
*.tar=01;31:*.tgz=01;31:*.arj=01;31:*.taz=01;31:*.lzh=01;31:
*.lzma=01;31:*.zip=01;31:*.z=01;31:*.Z=01;31:*.dz=01;31:*.gz=01;31:
*.bz2=01;31:*.bz=01;31:*.tbz2=01;31:*.tz=01;31:*.deb=01;31:
*.rpm=01;31:*.jar=01;31:*.rar=01;31:*.ace=01;31:*.zoo=01;31:
*.cpio=01;31:*.7z=01;31:*.rz=01;31:*.jpg=01;35:*.jpeg=01;35:
*.gif=01;35:*.bmp=01;35:*.pbm=01;35:*.pgm=01;35:*.ppm=01;35:
*.tga=01;35:*.xbm=01;35:*.xpm=01;35:*.tif=01;35:*.tiff=01;35:
*.png=01;35:*.svg=01;35:*.svgz=01;35:*.mng=01;35:*.pcx=01;35:
*.mov=01;35:*.mpg=01;35:*.mpeg=01;35:*.m2v=01;35:*.mkv=01;35:
*.ogm=01;35:*.mp4=01;35:*.m4v=01;35:*.mp4v=01;35:*.vob=01;35:
*.qt=01;35:*.nuv=01;35:*.wmv=01;35:*.asf=01;35:*.rm=01;35:
*.rmvb=01;35:*.flc=01;35:*.avi=01;35:*.fli=01;35:*.flv=01;35:
*.gl=01;35:*.dl=01;35:*.xcf=01;35:*.xwd=01;35:*.yuv=01;35:
*.axv=01;35:*.anx=01;35:*.ogv=01;35:*.ogx=01;35:*.aac=00;36:
*.au=00;36:*.flac=00;36:*.mid=00;36:*.midi=00;36:*.mka=00;36:
*.mp3=00;36:*.mpc=00;36:*.ogg=00;36:*.ra=00;36:*.wav=00;36:
*.axa=00;36:*.oga=00;36:*.spx=00;36:*.xspf=00;36:';
export LS_COLORS

こちらは .jpg=01;35 といった具合で拡張子ごとに色を変えれるようになっているのは見ればわかる。ちなみに 01;35 でボールド(01)、マゼンタ(35)だそうだ。しかしそれ以外の書式がわからない。結局 dircolors のソースを見つけた。

コード 正式名 デフォルト 意味
no NORMAL, NORM 通常のテキスト
fi FILE 通常のファイル
rs RESET 0 リセット
di DIR 01;34 ディレクトリ
ln LNK, LINK, SYMLINK 01;36 シンボリックリンク
or ORPHAN 40;31;01 孤立したシンボリックリンク
mi MISSING ミッシングリンク
pi FIFO, PIPE 40;33 FIFO (パイプ)
so SOCK 01;35 ソケット
bd BLK, BLOCK 40;33;01 ブロックデバイス関連のファイル
cd CHR, CHAR 40;33;01 キャラクタデバイス関連のファイル
do DOOR 01;35 ドア (Solaris 2.5以降)
ex EXEC 01;32 実行ファイル
lc LEFT, LEFTCODE ISO 6429 以外のターミナルにおける左端コード
rc RIGHT, RIGHTCODE ISO 6429 以外のターミナルにおける右端コード
ec END, ENDCODE ISO 6429 以外のターミナルにおける終端コード
su SUID, SETUID 37;41 Set User ID
sg SGID, SETGID 30;43 Set Group ID
st STICKY 37;44 スティッキー
ow OTHER_WRITABLE, OWR 34;42 書き込み可能だがスティッキーでない(o+w)
tw STICKY_OTHER_WRITABLE, OWT 30;42 書き込み可能でスティッキー(+t, o+w)
ca CAPABILITY 30;41 capability あり
hl HARDLINK 44;37 ハードリンク
cl CLRTOEOL Clear to End of Line (?)

ここまでわかったので、LSCOLORS の設定にとりかかる。man ls してみると説明が出てくる。2文字づつでペアになっていて、それぞれ前景色と背景色になっている。また、位置によってフラグの意味が決まっている。

a b c d e f g h
black red green brown blue magenta cyan light gray
A B C D E F G H x
bold black bold red bold green bold brown bold blue bold magenta bold cyan bold light grey default

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
ディレクトリ シンボリックリンク ソケット パイプ 実行 ブロックデバイス キャラクタデバイス SETUID SETGID STICKY_ OTHER_ WRITEABLE OTHER_ WRITEABLE
Dx Gx cx dx Cx eg ed ab ag ac ed

ということで決定したパラメータがこれ。

export CLICOLOR=1
export LSCOLORS=ExGxFxdaCxDaDahaadacec

それはいいとして、オレはターミナルでなにをやりたかったんだっけ? 用事があってターミナルを起動したけれど、ls の表示結果が不満だったというのは覚えているのだが…!?

VirtualBox VERR_SUPLIB_OWNER_NOT_ROOT


Oracleに買収されてしまったSunの仮想デスクトップパッケージVirtualBox。これをubuntuにインストールしたのだが、どうもうまくいかない。Windows版は簡単にインストールでき、実行できたのに、ubuntu版は

Failed to load VMMR0.r0 (VERR_SUPLIB_OWNER_NOT_ROOT).
Unknown error creating VM (VERR_SUPLIB_OWNER_NOT_ROOT).

となってしまう。ownerが違うといっているのはわかるし、VirtualBoxを起動させているユーザ(自分)をvboxusersグループに入れてある。

もっとあさったところ、こちらがヒットした。ビンゴだった。

まず、VitrualBoxのログファイルをチェックした。ログは仮想マシンのディレクトリのLogsにある。仮想マシンがWindowsXPという名前であればおそらく、

~/VirtualBox VMs/WindowsXP/Logs/

にあるはずだ。

これをダンプしてみると、

00:00:02.477 pdmR3LoadR0U: pszName="VMMR0.r0" rc=VERR_SUPLIB_OWNER_NOT_ROOT szErr="The owner is not root: '/usr'"

というような行があるはずだ。

この /usr がくせもので、はたして /usr ディレクトリのオーナがなぜか自分自身になっていた。これを

#chown root.root /usr

としてrootに戻したところ、無事起動に成功した。

でめたしでめたし。