サーバがちうこくぢんになったゾ

2013-07-25T09-51-32_0オフィスに行ってみると、共有フォルダにアクセスできないと訴えられた。Windows 2008 R2マシンをみると、電源は入っているがエラーが出ていた。

そのメッセージがコレだ。漢字が一切(1文字以外)入っていないのは幼稚園生にでもわかるようにしているのだろうか。それは良いとして(良くない)、メッセージの意味が分からない。

コンピューターにされているデバイスとのにがしました。

けUSBドライブのようなリムーバブルがデバイスがにりされた
や、ハードディスクやCD-ROMドライブなどのハードウェアにがあるにこのエラー
はきるがあります。リムーバブルがしくされていることを認
して、コンピューターをしてください。

このメッセージがききされるは、ハードウェアのにいわせてくだ
さい。

   : 0xc00000e9

   :   しない I/O エラーがしました。

どんなに酷い翻訳エンジンでもこうはなるまい。いったいどうやったらこういう翻訳になるのだろう。

中の国の人の日本語にちょっと似ている。「デバイスがり(利)された」だとか、「このエラーはきる(切る)があります」なんてのは、いかにもやつらがいいそうだ。でも、ヤツらならばもっと漢字を使うだろう。漢字がわからないのならば鮮人か?

logを見てみると、どうやら深夜に行われたWindows Updateからの復帰に失敗したようだが、詳細はわからない。

どうやらこのメッセージを表示したかったようだ。

コンピューターに接続されているデバイスとの通信中問題が発生しました。
外付けUSBドライブのようなリムーバブル記憶装置がデバイス使用中された
や、ハードディスクやCD-ROMドライブなどのハードウェアに傷害があるにこのエラーは
きる可能性があります。リームバブル記憶装置しく接続されていることを認
して、コンピューターを再起動してください。

このメッセージが表示される場合は、ハードウェアの製造元わせてください。

状態:0x00000e9

情報予期しない I/O エラーが発生しました。

「認」が認められるということは、漢字フォントにアクセスできなかったというわけでもなさそうだが。スタックが壊れて、printf()の第2パラメータ以降がヌルポになったといった感じだろうか。

でもなぁ、USBドライブは一切つながってないんだけどな。HDDもDVDもSATA接続になっているのに。

64bitなレジストリエントリにハマる

regedit64とあるプログラムの挙動がどうもおかしい。レジストリをうまく読み出せていないようだ。別のアプリをキックしていて、そいつはきちんとレジストリを作ってくれているようなのだが、メインのプログラムではそれが読めていないフシがある。

なんのことはない、x64 Windowsはシステムレジストリの位置が違っていた。久しくプログラマをしていないので、全然知らなかった。

みんな大好き regedit も、64bit 専用板があった。

  • 64bit %systemroot%syswow64regedit
  • 32bit %systemroot%regedit

ということらしい。

%systemroot% は通常、c:windows だ。

64 と 32 を同時に起動するには、あらかじめ 64 版を起動しておき、今度は -m スイッチを付けて 65 を起動する。見た目が変わらないので、要注意だ。